30歳でバセドウ病に襲われた、男性営業マンの日記

生きている限り日記を更新します。 2回の再発後、アイソトープ治療に踏み切りました。

2015年03月

13回目の検査結果

検査結果の更新を忘れていました。記載します。

13結果










3週間で数値が一気に落ちました。TSHはまだまだ低いですが、メルカゾールの効果は十分です。

バセドウになると、体温が高くなります。起床時は平均36.5度。
体調を戻すためのウォーキングには、服を1枚減らして調度良くなりました。

3/13現在、体重が戻りました。
良かった。ま、太めだから良くはないですが。

1点気になることがあります。じんましんが出たことです。
メルカゾールを飲むと発疹します。主に腕と手、なぜか出るのは朝だけです。
ゼチーアというコレステロールの薬を一緒に服用しているせいでしょうか。

ネットで情報を得たところ、薬の服用を続けるとかゆみやじんましんが出ることもあるとか。
うーん、分かりません。
薬を飲んでいる方、もしよかったらコメントをお願い致しますm(_ _)m

母が伊藤医院に行った

タイトル通りです。
母が表参道にある甲状腺専門の伊藤医院に行きました。
今までは地元の医者に通院していましたが、理由があって上京しました。

①30年御世話になった医者だったが、薬を辞める始めるのエンドレス。解決策の提示などしない。
 普通は数年様子を見るはずなのに、その指示は一度も無い。
②現在、数値は落ち着いている。だが首を触るなど触診はしない。
 人に腫れていると指摘され、見てもらった。そこで初めて手術したほうがいいかもと言われる。
③となりの県にある大きい医療センターへ行く。紹介状あり。行ったらここで手術はできないと一蹴。
④もう信じられない。近場で探しても良いが、手術を見据えると専門医に見てもらったほうが良い。
 片道2時間かかる点を承知して、伊藤医院へ行く。

朝早く出て、7時半に着いたと聞きました。
すでに患者で溢れかえっていたようです。朝7時でこれか、、、ぐらい。
女性に多いと思われがちですが、男性のほうが多かったと聞きます。

初診のため触診、採血とカウンセリングで結果が出てから今後を決める、と。
なので来週も行くと言っていました。


関東では伊藤医院しかありません。
私も数値が落ち着いたら、伊藤医院に変える予定です。
症状が出た、薬を飲んだ。落ち着いたらやめた、また再発した、で終わらせたくない。
今の医者って、患者のことを考えないのでしょうかね・・・。

ああ、私はまだ薬の副作用で体が痛いです。
でも歩けます。動けます。立ち上がれます。そろそろ採血に行きます。
にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 2018年5月の検査結果
  • 2018年4月の検査結果
  • 2018年2月の検査結果
  • 2018年1月の検査結果(新年初)
  • 2017年12月検査結果
  • 2017年11月検査結果(入院すぐ)
  • 2017年10月検査結果
  • 2017年8月(2回目)検査結果
  • 2017年8月検査結果