30歳でバセドウ病に襲われた、男性営業マンの日記

生きている限り日記を更新します。 2回の再発後、アイソトープ治療に踏み切りました。

ブログ

自ら伊藤医院に行った まとめ

風邪を引きました(´;ω;`)
喉→咳→鼻水と来るのですが、今回は喉→鼻水→少し咳でした。
春先に引いた風邪と同じなのしょうか。
季節の変わり目はキツイですね。


さて、これを含めて5ブログにわたる伊藤医院の日記は今回で締めです。
何も無ければ、半年後に来てくださいと言われています。
何かあったら直ぐに来てください、とも言われています。

セカンドオピニオンの重要さに気づきました。
主治医に責任はありませんが、仮にまた体調が悪くなったら同じように治療をしていたことでしょう。
埼玉北部から都内まで通勤している甲斐があります。

これから苦手な冬が来ます。
特に年末年始は、無痛性の症状が出た時期と重なります。
ストレスや疲れがNGなので、適度に力を抜きながら生活していきます。

10月末からまた展示会。頑張ります。 

母が伊藤医院に行った 続きその3

クライマックスです。
近日、母が甲状腺昨日亢進症の手術を受けます。 
入院の準備も整い、あとは手術日を待つだけです。
ここから先は母の気持ちになって書くので、あくまでも「らしい、ようだ」でとらえてください。

長い半年でした。
主治医に御世話になっていましたが、薬を続ける辞めるで早30年。
だれが見ても腫れが分かってしまい、すがる気持ちで伊藤医院に行きました。 
朝7時代に行っても待ち時間は2時間がザラ。中学生の子供から、年のいった大人まで
男女関係無く伊藤医院に集まります。

色々な検査を受け、薬の量も増やし、ようやくここまできました。
実はFT3の値が高く、手術すら危ぶまれていましたが、主治医と担当医で話をつけたようで、
無事行うことになりました。

本田圭祐や歌手の絢香など、名だたる方も病気を持っていて、手術を受けた方もいます。
このブログを書くわたしも、バセドウ病です。薬1錠まで減らし、かなり安定してきました。
難易度の高い手術ですが、成功を祈って手術前の立会いに顔を出します。

手術が無事に終わったら、またこのブログ、日記に戻ってきます。
それまでは更新しません。
全身麻酔で大変だと思いますが、お母さん、頑張ってください。


 
にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 2018年5月の検査結果
  • 2018年4月の検査結果
  • 2018年2月の検査結果
  • 2018年1月の検査結果(新年初)
  • 2017年12月検査結果
  • 2017年11月検査結果(入院すぐ)
  • 2017年10月検査結果
  • 2017年8月(2回目)検査結果
  • 2017年8月検査結果