30歳でバセドウ病に襲われた、男性営業マンの日記

生きている限り日記を更新します。 2回の再発後、アイソトープ治療に踏み切りました。

手術

ちょっとお尻が、、、

※汚いお話失礼※

バセドウ再発の不安と戦う中、別の問題が発生しました。
お尻周辺がかゆい、そしてヒリヒリ感も出てきました。
まさか、、、痔の再発ですか?

私は人生で2回手術を受けています。鼻と肛門です。
鼻は、骨がくの字に曲がっている& 点鼻薬の副作用です。
お尻は、切れ痔といぼ痔です。

鼻呼吸が出来ないレベルまで達していたので、やって良かったとつくづく思います。
しかし痔については疑問点です。
当時はしっかり出せるならと手術希望しますに丸を付けて受けました。
最近発見したブログを見ると、メスを入れなくても治ったかもしれません。

言いつけを守って綺麗にして力まず排便して、、、本当に気を使って生きてきました。
だってあの手術と入院生活、排便後の痛みは地獄です。想像を絶するレベルです。

それなのに再発っておかしくない??
そもそも、その教えがおかしかったのか?!
ただでさえ油断できない体なのに、もう余計な病気はやめてください、、、ほんと。

母が伊藤医院に行った 続きその4

お待たせしました。
母の手術が無事に終わりました。お疲れ様でした。
今日で手術から約1週間が経過しています。
手術前の立ち会い、手術後の説明、経過をまとめQ&A方式でまとめてみました。


Q1:手術時間はどれくらいでしょうか。
A:約2時間です。早い人は、1時間ちょっとの人もいました。男女若い人お年寄り、様々です。

Q2:甲状腺をどれくらい除去しますか。
A:ほぼ全て甲状腺を除去します。バセドウ再発を防ぐためです。その代わり、ずっと低下症になります。

Q3:費用はどれくらいですか。
A:保険適用で、6万円~7万円でした。入院費用は別途です。
 ※世の中税金を払っているので、こういうときこそ保険を使いましょう。

Q4:手術後、気になる症状はありますか。
A:全身麻酔は、体の負担が多いようで体が重いと言っています。
 あと人によりますが、カルシウムを不足する人が多いそうです。数種類、カルシウムの薬を処方されます。


退院から数日。
帰ってきたときはずっと体が重そうでした。今はそこそこ元気に見えます。
手術後の痛みは無いようですが、その代わり歯が痛いと言っています。
歯茎が腫れて、家族の私が見ても虫歯のように腫れていました。結果、いきつけの歯医者に行きました。
どうやらばい菌が入り込んで、歯茎が腫れているようです。手術中に菌が入ったのでしょうか。
抗生物質を貰い飲んで、ようやく腫れが引いてきました。入れ歯も入るレベルになったようです。


来月、検診があります。
ともあれ山場は越えましたが、まだまだ油断はできません。
このブログを書いている私も、いずれ伊藤医院に通院する日が来るでしょう。
薬、放射線、手術、方法はあります。今は薬で完治を目指して私も生活します。
10月に入る前に採血をしますが、仮に主治医から薬ストップと言われても、今回は1錠飲み続けたいことを伝えます。

前回と同じことをやっても、また再発しますからね。
メルカゾールは長期間の服用を避けるべきですが、それでも年単位は覚悟できる薬です。
少なくても来年3月あたりまでは続けたいと思っています。
 

母が伊藤医院に行った 続きその3

クライマックスです。
近日、母が甲状腺昨日亢進症の手術を受けます。 
入院の準備も整い、あとは手術日を待つだけです。
ここから先は母の気持ちになって書くので、あくまでも「らしい、ようだ」でとらえてください。

長い半年でした。
主治医に御世話になっていましたが、薬を続ける辞めるで早30年。
だれが見ても腫れが分かってしまい、すがる気持ちで伊藤医院に行きました。 
朝7時代に行っても待ち時間は2時間がザラ。中学生の子供から、年のいった大人まで
男女関係無く伊藤医院に集まります。

色々な検査を受け、薬の量も増やし、ようやくここまできました。
実はFT3の値が高く、手術すら危ぶまれていましたが、主治医と担当医で話をつけたようで、
無事行うことになりました。

本田圭祐や歌手の絢香など、名だたる方も病気を持っていて、手術を受けた方もいます。
このブログを書くわたしも、バセドウ病です。薬1錠まで減らし、かなり安定してきました。
難易度の高い手術ですが、成功を祈って手術前の立会いに顔を出します。

手術が無事に終わったら、またこのブログ、日記に戻ってきます。
それまでは更新しません。
全身麻酔で大変だと思いますが、お母さん、頑張ってください。


 

母が伊藤医院に行った さらに続き

9月の手術を控え先日、母が伊藤医院に検査のため行きました。
相変わらず人が多いようで、兄曰く、すごく眼が飛び出ている人もいたそうです。
やはり人によって、出る症状が違いますね。

私から見ても、母の首は相当腫れています。
結構不安がっているようですが、「取ったら大分楽になる」と常に言っています。
首にキズが残る点は致し方ありません。

数値が落ち着いていても、再発の例があります。
年単位で薬を服用して、寛容を目指します。
でなければ、私も伊藤医院に行って、再発しない手立てを立てなければいけませんね。
母の手術でも、いずれ私に回ってくることを考えて。

腫れているのが分かる

今日は母の話をします。
先月伊藤医院に行き、腫瘍は見られますが数値は大丈夫と回答がありました。
あとは手術に向けて、体調を整えていくだけです。

普段は見られないようにタオルを巻いたり、襟つきの服を着たりします。
私から見ても、結構腫れています。

手術したら、また元気になってください。
私も何年後か後を追うでしょう。
にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 2018年5月の検査結果
  • 2018年4月の検査結果
  • 2018年2月の検査結果
  • 2018年1月の検査結果(新年初)
  • 2017年12月検査結果
  • 2017年11月検査結果(入院すぐ)
  • 2017年10月検査結果
  • 2017年8月(2回目)検査結果
  • 2017年8月検査結果