30歳でバセドウ病に襲われた、男性営業マンの日記

生きている限り日記を更新します。 2回の再発後、アイソトープ治療に踏み切りました。

母が伊藤医院に行った さらに続き

9月の手術を控え先日、母が伊藤医院に検査のため行きました。
相変わらず人が多いようで、兄曰く、すごく眼が飛び出ている人もいたそうです。
やはり人によって、出る症状が違いますね。

私から見ても、母の首は相当腫れています。
結構不安がっているようですが、「取ったら大分楽になる」と常に言っています。
首にキズが残る点は致し方ありません。

数値が落ち着いていても、再発の例があります。
年単位で薬を服用して、寛容を目指します。
でなければ、私も伊藤医院に行って、再発しない手立てを立てなければいけませんね。
母の手術でも、いずれ私に回ってくることを考えて。

身近にいる方

私のバセドウ病は、母からの遺伝です。
今、母の首がすごい腫れています。誰が見ても一目で分かる腫れ具合です。
将来自分もこうなるのか、と思うと怖くてたまりません。
実際自分の首も腫れて、昔のYシャツでネクタイできませんからね。

本人は自分のコントロールでメルカゾールを飲んだり飲まなかったりしていましたら、甘さもあります。
治ったと思ってもメルカゾールは飲まないといけません、

完治と思いたいけど、結果これだけ再発を繰り返しているから、私も油断できません。
海草系を全くとらないのは無理なので、まずは昆布だけは食べていませんね。

また社畜に戻りました。
いつ出るか分かりませんが、体重の増減、足の痛み、心拍数など気にかけて生活します。
にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 2018年5月の検査結果
  • 2018年4月の検査結果
  • 2018年2月の検査結果
  • 2018年1月の検査結果(新年初)
  • 2017年12月検査結果
  • 2017年11月検査結果(入院すぐ)
  • 2017年10月検査結果
  • 2017年8月(2回目)検査結果
  • 2017年8月検査結果